新春・酒蔵探訪〜入間川の恵みにふれる旅〜

1/13(土)
【主催・ガイド】飯能市エコツーリズム市民ガイドの会


飯能駅に集合後、ガイドさんから入間川の水についてのお話を聞きました。その後入間川沿いに移動し、飯能大橋がディビダーク工法によって作られた話や、足元にたくさんある石が凝灰岩という岩石であることについてガイドさんから説明を聞きました。
風もなく暖かな日差しの中、川沿いを気持ち良くお散歩し、二つの橋を渡って今回のお目当ての酒蔵、五十嵐酒造に着きました。
酒蔵では社長さんが、飯能の水が酒作りに合うことなど説明してくださいました。樽に入った絞る前のお酒を見た後、試飲させていただき、目も舌も楽しむことが出来た見学会でした。
店舗でお土産を購入した後、路線バスで駅に戻り、今度はうどん屋さんへ。うどんの上にある野菜のかきあげが「これがいいんだよね!」と好評でした。
「春になれば川沿いは桜が咲くだろうし、酒蔵も違う時期にまた行ってみたい」と、話がはずむツアーでした。

≪当日の様子≫

 

 

参加者の声(アンケートより)