春の山里散歩~子ノ権現への道~

4/15(日)
【主催・ガイド】中沢を楽しもう会


足腰守護の神仏として親しまれてきた「子ノ権現」からかつての参道をのんびり散策するエコツアー。子ノ権現では見学からご住職による祈願をしていただきました。その後、参道の植物や石仏などのご案内に耳を傾けながら、昼食場所である古民家へ。古民家では山菜をふんだんに使った昼食をいただき、また、地域の方とのふれあいを楽しんだエコツアーでした。

≪当日の様子≫
 

足腰守護の神仏である「子ノ権現」からかつての参道を歩くエコツアー。まずは、山門で子ノ権現の由来に耳を傾けます。
 
 

庫裡(くり)の大黒柱を見学。樹齢1,000年と言われるモミジの大黒柱の歴史を聞き、参加者の方も圧倒されていました。

今回特別にエコツアー参加者に向けてご祈願をしていただきました。お経の中で「エコツアー」というフレーズが出て参加者の方も驚きでした。

子ノ権現を発ち、かつての参道を散策。途中、二十三丁目と書かれた石を発見。こちらは「丁石」と呼ばれており、参道の入り口から1丁(約100m)ごとにあるそう。

のんびりと散策後、かつて参拝者の旅籠であった平沼家で昼食。山菜をふんだんに使ったおかずに釜炊きご飯と大満足の内容でした。
 

昼食後は、平沼家に飾られた昔の道具の展示を見学。
古い物では、明治時代の算数の教科書などを見せていただきました。

参加者の声(アンケートより)


・おいしい食事・皆様の歓迎ありがとうございます。(40代女性)
 
・スタッフの方々には感謝します。(60代女性/川口市)