原市場地区の鉄文化を訪ねて 

4月22日(日)9:10~14:30
  • 雨天中止(前日判断)

飯能の原市場地区には、鉄の文化をうかがわせる地名や「たたら信仰」にまつわる形跡が残されています。立派な石垣が残る中沢地区の民家の小さな祠には、鉄を打つ姿をした古い3体の神様が祭ってあります。鉄から見た原市場地区の歴史をガイドと一緒にひも解きましょう! 昼食は、地元の「ゆずの庄」でうどんをいただき、花の咲く川沿いの道を4kmほど歩きます。

集合場所

中沢バス停

【「飯能駅」又は「東飯能駅」より

国際興業バス「中沢行」約35分

「中沢」バス停下車徒歩5分

(飯能駅北口発8:22、東飯能駅西口8:25)】

費用

一人2,000円(ガイド、昼食、保険)

ガイド

戸谷克己(飯能郷土史研究会会員)

定員

15名

持ち物

飲み物、雨具、帽子など

服装

歩きやすい服装、履きなれた靴

お問い合わせ
原市場探訪会(川野)
TEL:090-5324-6412
FAX:042-970-3535
E-mail:inoriakiko@so-net.jp