飯能市 エコツアー・アワード2015 表彰式

 2016年2月17日に飯能市 エコツアー・アワード2015の表彰式が行われました。

飯能市 市長賞
 秋のお散歩マーケット
 (ツアー実施者:「お散歩マーケット」実行委員会)
環境省関東地方環境事務所 所長賞
 ヤマムスメが行く vol.11 ~阿須丘陵de古の道&ぽかぽか山ごはん~ 
 (ツアー実施者:活動市民の会「ヤマムスメが行く」実行委員会)
飯能市エコツーリズム推進協議会 会長賞
 昔野菜「固定種」を食べる会 ~種から食べることについて考えよう~
 (ツアー実施者:農八会)

 当日は飯能市の大久保市長、環境省関東地方環境事務所の上杉所長、飯能市エコツーリズム推進協議会の平井会長も出席し、表彰状の授与と副賞の贈呈が行われました。
 受賞された3つエコツアー実施者のみなさま、この度は本当におめでとうございます。



LinkIcon飯能市 エコツアー・アワード2014はこちら
LinkIcon飯能市 エコツアー・アワードとは?

飯能市 エコツアー・アワード2015が発表されました 

 2015年は飯能で、38の実施者により、108のエコツアーが行われ、4,140人の方々に参加していただきました。飯能市エコツーリズム推進全体構想に掲げる「10の推進ポイント」にあるように、ふるさとの風景、森林、川、野生の生きもの、地域の生活文化や年中行事、伝統的な技術など、さまざまな自然観光資源を題材とした、飯能の魅力いっぱいのツアーが企画され、たくさんの飯能ファンを惹きつけていることを再認識しました。まずは、こうして飯能市エコツーリズムのためにご尽力いただいている皆様に、敬意を表したいと思います。 
 今回ノミネートされたエコツアーは6つですが、惜しくもあと一歩でノミネートというツアーが26もあり、昨年度創設された飯能市エコツアー・アワードをきっかけに、企画・協議シートや参加者アンケート、ふりかえりシートなどの活用がより一層進んだものと認識しています。ノミネートされたエコツアーは、ガイドの解説やスタッフの対応などに対して、いずれも参加者から高い評価を得ており、選考はとても難航しました。慎重に検討を重ねた結果、今回は次の3つのエコツアーを表彰いたします。

飯能市 市長賞

 秋のお散歩マーケット
 (ツアー実施者:「お散歩マーケット」実行委員会)
 
  
 

<ポイント>
○集落の家々が軒先や縁側に出店し、参加者が集落全体を歩いて巡りながら交流を楽しむツアーです。
○集落で収穫された農産物やお惣菜、手料理、手芸品などが並び、買い物を通じて集落の住民と参加者の交流の場となっています。
○開催前には、これまで得られたエコツアーの収益を活用して、集落住民の手でコース整備・トイレ整備を行っていました。
○集落のほぼ全員が参加し、楽しみながら10年以上に渡って春と秋の年2回開催され続けていることが高く評価されました。
○ツアー当日には都市部に住まう家族が手伝いで戻ってきたり、エコツアーを通じて集落に移住する参加者が出たりするなど、新しい形での集落の活性化につながっています。
○開催を重ねながら自家用車からバスを活用した公共交通機関の利用促進に取り組んだことも評価されました。

環境省関東地方環境事務所 所長賞

 ヤマムスメが行く vol.11 ~阿須丘陵de古の道&ぽかぽか山ごはん~
 (ツアー実施者:活動市民の会「ヤマムスメが行く」実行委員会)
 
  
 

<ポイント>
○登山・アウトドア用品の専門店員や森林インストラクターなど、全員女性で山を専門とするガイドによる、女性限定のシリーズ型ツアーです。
○里山を散策しながら、山の歩き方だけでなく、動植物や人と自然との関わり方について解説をしたり、山頂では地元食材を用いた山ごはんを参加者と一緒に作って食べたりしています。
○参加者アンケートの評価が特に高いこと、本エコツアーのリピーター率は8割という人気ツアーであることがとても評価されました。
○本エコツアーの参加者が、オープンカレッジ(ガイド養成講座)を受講し、エコツアーに参加するだけでなく、エコツアーの企画・運営側にも携わるようになるなど、本ツアーを通じて、自然の保全・再生に向けた新しい活動へ発展していることも評価されました。

飯能市エコツーリズム推進協議会 会長賞

 昔野菜「固定種」を食べる会 ~種から食べることについて考えよう~トマト編
 (ツアー実施者:農八会)
 
  
 

<ポイント>
○土地の気候や風土にあった固定種をテーマに、旬の野菜を収穫していただくシリーズ型ツアーです。参加者には、交配種と食べ比べてもらいながら、地場産野菜の流通促進も目指しています。
○「野口のタネ」で知られ、親子3代にわたり在来種・固定種のタネを扱う種苗店の店員や、飯能で農業に携わる方がガイドをつとめています。
○固定種という遺伝子資源の分野から生物多様性の保全・再生にアプローチし、提供する固定種野菜は休耕地を活用して栽培することで、農地の保全・再生につなげていました。
○毎回、異なる地元の飲食店と連携し、それぞれの店で固定種を利用した本格的な創作料理を提供することを通じて、農産物だけでなくその農産物を育んでいる地域コミュニティの活性化につなげていることが高く評価されました。

 

飯能市 エコツアー・アワード2015のノミネートエコツアー

「飯能市 エコツアー・アワード2015」の一次選考を通過したツアーは以下の6ツアーとなりました。

ヤマムスメが行くVol.11阿須丘陵de古の道&ぽかぽかごはん

1/25(日)

ツアーの詳細

さがす・あじわう・つくる~シカとシシづくしの土曜日~

4/18(土)

ツアーの詳細
当日の様子はこちら

メイド・イン・飯能!鹿と猪でつくるオンリーワンの革クラフト

8/5(水)

ツアーの詳細
当日の様子はこちら

昔野菜「固定種」を食べる会~種から食べることについて考えよう~トマト編

8/9(日)

ツアーの詳細

畑ごはんのすすめ 大地の恵みでのんびり~落花生を一番おいしく食べる方法~

9/27(日)

ツアーの詳細
当日の様子はこちら

秋のお散歩マーケット

11/22(日)

ツアーの詳細
当日の様子はこちら