印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



updated 2017-05-24
                            

エコツーリズムの視察実績など

飯能市エコツーリズムは、外部からも注目されており、自治体や研究者などの各種関係機関による視察が年に20回以上あります。また、関係するイベント等に出展し、宣伝・PRをしています。
ここでは、飯能市エコツーリズムの視察実績などの一部をご紹介します。

国内からの視察等を受け入れています!

2017.4.14

日本エコツーリズム協会の理事2名が飯能市の取り組みのヒアリングに来られました。

2017.2.21~22 愛媛県

愛媛県砥部町で開催された「愛媛県エコツーリズム市町連絡会」、「愛媛県石鎚山系エコツーリズム推進協議会事業報告会」で飯能市のエコツーリズムの取り組みを紹介しました。

2016.11.27 神奈川県茅ケ崎市松林公民館

神奈川県茅ケ崎市から市職員と市民の方が訪れ、午前は東吾野の虎秀地区を巡るツアーに参加し、午後はツアー実施者である虎秀やまめクラブの団体の活動と飯能市のエコツーリズムの取組みを紹介しました。

2016.11.22-23 館山・海の鑑定団

千葉県館山市から館山・海の鑑定団の方が訪れ、初日はエコツーリズムの講義を受け、翌日はき・ま・ま工房木楽里にて林業地を巡るツアーに参加しました。

2016.10.12 栃木県おやま市民大学

栃木県小山市から市職員とおやま市民大学の受講生の方が訪れ、午前はエコツーリズムの講義を受け、午後は天覧山にて里山お散歩ツアーに参加しました。

2016.10.6 岐阜県下呂市

岐阜県下呂市から市職員と観光協会職員、観光事業者の方が訪れ、午前中はエコツーリズムの講義を受け、午後は休暇村奥武蔵のお散歩プログラムに参加しました。

2016.9.12 山梨県富士吉田市

山梨県富士吉田市から市職員と市民、エコツアー実施者の方が訪れ、午前はエコツーリズムの講義を受け、午後は名栗地区で地域の魅力にふれるエコツアーに参加しました。

2016.8.27 高崎経済大学

高崎経済大学の職員1名と学生19名が飯能市を訪れ、東吾野地区で里山の暮らしにふれるエコツアーに参加しました。

2016.6.21 自由の森学園高等学校

自由の森学園高等学校にて出前講座を行い、飯能市のエコツアーの取り組みを紹介しました。

2016.6.13 文教大学

文教大学茅ヶ崎キャンパスにて出張講義を行い、飯能市のエコツアーの取り組みを紹介しました。

 2016.3.22 日本エコツーリズム協会

日本エコツーリズム協会の方などが飯能市を訪れ、天覧山周辺の視察とエコツーリズムの取り組みのヒアリングを行いました。

 2016.1.27 鳥羽市エコツーリズム推進協議会

鳥羽市エコツーリズム推進協議会会長が飯能市を訪れ、エコツアー実施団体の視察に来られました。また、当日はツアー実施者を対象としたステップアップ講習が行われ、鳥羽市のエコツーリズムについて講演していただきました。

 2016.1.19-20 愛媛県

愛媛県自然保護課の職員の方が飯能市を訪れ、飯能市の取り組みのヒアリングと休暇村奥武蔵の視察に来られました。

2016.1.14 環境省

環境省自然保護官の方々が研修の一環で飯能市を訪れ、午前はエコツアーを体験し、午後はエコツーリズムの講義を受けました。

 2015.12.15 立教大学

立教大学の講義「エコツーリズム論」にて、飯能市のエコツアーの取り組みを紹介しました。

2015.12.3 国連大学

国連大学の学生がエコツーリズムの視察に訪れ、エコツアー体験とディスカッションを行いました。

2015.11.13-14 筑波大学

筑波大学の学生がエコツーリズムの視察に訪れ、エコツアーを体験しました。

2015.10.26-27 洋野町

岩手県九戸郡洋野町の方がエコツーリズムの視察に訪れ、エコツアーを体験しました。

2015.8.28 北海道大学

北海道大学の学生がエコツーリズムの研究の一環で飯能市を訪れました。

2015.8.20 お茶の水女子大学

お茶の水女子大学の学生がエコツーリズムの研究の一環で飯能市を訪れました。

2015.8.19 福島の子ども保養プロジェクト

名栗カヌー工房で「福島の子ども保養プロジェクト」参加者を対象にしたエコツアーを開催しました。

2015.8.11 調布市

調布市西部公民館主催事業で調布市内の小学生と保護者が飯能市を訪れ、午前中は自然観察、午後は木工体験のエコツアーに参加しました。

2015.8.1 毛呂山町「夏休みこども環境教室」

毛呂山町役場職員2名と町内の小学生10名が飯能市を訪れ、エコツアー「駿大の里山・竹とり物語」に参加しました。

2015.7.18 子ども大学体験ツアー

「子ども大学はんのう」の学習プログラムの一環で、小学生が天覧山でエコツアーを体験しました。

2015.7.17 慶応義塾大学

慶應義塾大学の研究員がエコツーリズムの研究の一環で飯能市を訪れました。

2015.7.1 東京都市大学

東京都市大学の学生がエコツーリズムの研究の一環で飯能市を訪れました。

2015.6.23~25 洋野町

岩手県九戸郡洋野町で開催された「洋野町エコツーリズム講習会」で飯能市のエコツーリズムの取り組みを紹介しました。

2015.6.20 横浜市中区の消防団

横浜市中区の消防団員13名が飯能市を訪れ、午前中は天覧山と多峯主山をハイキングするエコツアー、午後はまちなか巡りのエコツアーに参加しました。

2015.3.4 環境イノベーション情報機構

環境イノベーション情報機構の職員の方たちが、飯能市を訪れエコツーリズムの講義とまちなかのひなめぐりツアーを体験しました。

2015.2.24 東京外国語大学

東京外国語大学の職員1名と留学生8名が飯能市を訪れ、午前中は古民家でお抹茶体験とひな祭りのエコツアー、午後はまちなかのひなめぐりのエコツアーに参加しました。

2015.2.12 阿蘇市

熊本県阿蘇市から市職員と財団法人職員の2名が、エコツーリズムの取り組みのヒアリングとして飯能市を訪れました。

2015.1.29 福島大学

福島大学の研究者がエコツーリズムの研究の一環で飯能市を訪れました。

2015.1.28 慶応義塾大学

慶応義塾大学の学生がエコツーリズムの研究の一環で飯能市を訪れました。

2015.1.27 NPO法人最上川リバーツーリズムネットワーク 長井ダム水源地域ビジョン推進会議

山形県長井市にある「特定非営利活動法人 最上川リバーツーリズムネットワーク長井ダム水源地域ビジョン推進会議」の会長が飯能市の取り組みについて視察に来ました。

2015.1.6 市内の中学生

姉妹都市であるブレア市(アメリカ合衆国)の高校生の来日に合わせて、出迎える市内の中学生13名が飯能市内の案内ができるよう、エコツアーガイドの講習を受けました。受講した中学生は、2月11日にエコツアー形式で案内するそうです。自分たちが暮らしている地域を自分たちの言葉で紹介できるでしょうか?ガンバレ中学生!


このページの先頭にもどる

海外からの視察がありました!

2017.2.1 「GUAM+日本」観光振興ワークショップ

GUAM(グルジア、ウクライナ、アゼルバイジャン、モルドバおよび事務局)の方10名がエコツーリズムの視察として飯能市を訪れました。
「身近な資源を地域の人が魅力的に伝える」手法を学ぶために、東吾野地区の白子五人衆の案内でお餅つきを始めとした、地域の生活や日本の食文化を体験しました。

2015.1.22 日韓エコツーリズムセミナー・エクスカーション

1/21に行われた日韓エコツーリズムセミナーのエクスカーションが飯能市で行われました。韓国の行政職員、学識者、エコツーリズムを実践している方や日本国内のエコツーリズム関係者約25名が参加しました。当日は、東吾野地区で「古民家で日本文化体験」、飯能地区で「繋がり続ける飯能の文化」の2ツアーに分かれて参加し、日本の文化にふれました。

2014.9.24 トルコ

トルコ共和国東部黒海地域開発庁の方7名がエコツーリズムの視察として飯能市を訪れました。東部黒海地域が地理的に飯能市と共通する点などがあるということから、同地域の産業開発、地域開発などの参考として、訪れました。当日は、名栗地区にある古民家をエコツアー形式で視察し、地域の生活や日本の食文化などにふれました。

※写真提供:飯能市ホームページ

2011.11.2 グアテマラ、コスタリカ、エルサルバドル、ペルー、アルゼンチン
2011.11.7 エジプト、イラク、ヨルダン、レバノン、パレスチナ

持続可能な観光開発研修の一環として、中南米・中東地域からの視察を受け入れました。

この研修は、持続可能な観光・地域振興のツールとしてエコツーリズムを振興することで、地域の活性化、自然や文化の保全、人材育成など、各国が抱える課題の解決に役立てることを目的として、独立行政法人国際協力機構(JICA)が進めています。11月2日には中南米地域(グアテマラ、コスタリカ、エルサルバドル、ペルー、アルゼンチン)からの研修員9名、11月7日には中東地域(エジプト、イラク、ヨルダン、レバノン、パレスチナ)からの研修員6名が飯能市を訪れ、郷土料理づくりや里山の自然観察を行い、地元の人々と交流を図りました。
研修員はいずれも観光・環境関係の行政職員やNGOのスタッフで、熱心に飯能市のエコツーリズムの事例を学び、そしてエコツアーを大いに楽しんでいました。鋭い質問やご意見もいただき、ツアーの実施者・参加者にとって有意義な視察研修であったものと思います。飯能のエコツーリズムを通して得たものが、世界の国々で発揮されることを願っています。

関連するイベントについて

2014.10.25 「地域を創るエコツーリズム・飯能」

「地域を創るエコツーリズム・飯能」が駿台・地域フォーラム主催によって開催されました。当日は、飯能市エコツーリズム推進協議会の初代会長の犬井獨協大学学長より基調講演がありました。また、「エコツーリズムのまち・飯能」をテーマに犬井初代会長、2代目の石田前会長、3代目で現会長である駿河台大学准教授の平井会長による鼎談が行われました。

2014.9.26-28 ツーリズムEXPOジャパン

世界最大級の旅のイベント「ツーリズムEXPOジャパン」は、世界の150を超える国・地域と日本各地の多くの出展者が集まるイベントです。
飯能でも、飯能市エコツーリズム推進協議会として出展し、多くの人にPRしました。