印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



updated 2015-12-19

HOME > 2013年のエコツアー > 130804みんなで守ろう!入間川の魚たち

みんなで守ろう!入間川の魚たち

8/4(日)

【主催・ガイド】入間漁業協同組合

入間川では、もともとすんでいた魚たちのくらしが、外来種のブラックバスや急増するカワウによって脅かされています。このツアーでは、川の生態系について入間漁業協同組合の組合員の方から説明を受けた後、実際に川に入りブラックバスの駆除等を行いました。

はじめに川耕し(川の中の石を動かし空間を作る)を行い、魚のすみかをつくります

その後はいよいよブラックバスの駆除です。皆で下流から追い込み、刺し網や地引網を使って捕獲します。「川の達人」である組合員の皆さんが指導してくれます。

お昼は、ブラックバスの唐揚げやつかみ取りした鮎の塩焼きで、皆さん大満足!

午後には魚の隠れ場「笹伏せ」づくりも行いました。
この日のツアーで捕獲されたブラックバスはなんと123匹!参加者の皆さんはもうすっかり日焼けした漁師の顔になっていました。

参加者の声(アンケートより)

ブラックバスの多いことにびっくりしました。孫は水に浮いて遊んだことがとても楽しかったようです。皆様が川を大切に守ってくださることに感動しました。(60代 女性、さいたま市)

とても楽しかったです。またこういうツアーに参加したいなと思いました。網でブラックバスをとって食べたのが楽しかったです。(10代 女性、さいたま市)

参加者自身の目で見て、手で触って、香りを感じてという五感を使えるような活動で大変満足でした。(20代 男性、朝霞市)