駿大の里山・竹とり物語

8/1(土)
【主催・ガイド】駿河台大学教員、駿大・地域フォーラム


ガイドの指導のもと、里山に生えている竹の間伐体験。間伐した竹は、器や箸にしてお昼ご飯を食べました。竹について考えつつ、楽しい体験ができたエコツアーでした。

竹林の説明のあと、地元で林業に関わっているガイドさんから竹の伐採方法を伝授してもらいます。

話を聞くのと、実際にやるのとは大違い。悪戦苦闘しながら竹を切り倒します。

切った竹で、器とお箸を作ります。自分の分は自分で作らないとお昼ご飯が食べられないぞ。

お昼は天ぷらと流しそうめん。もちろん、流しそうめんの樋も今日伐採した竹から作りました。

≪当日の様子≫

ツアーの始めには、飯能市長さんにもご挨拶いただきました。

 

天ぷらは飯能産の採れたての野菜♪

 

流しそうめんは大人気。

 

食事の後にはスイカ割りのお楽しみ♪

参加者の声(アンケートより)

4才の娘がとても楽しんでました。(40代 男性、さいたま市)


夏の一日、子どもと楽しめました。スタッフの皆様暑い中ありがとうございました。
(40代 男性、飯能市)


子どもの夏休みにもってこいの企画でスイカわりまでできて大喜びでした。流しそうめんはもちろん、天ぷら、じゃがいも、トマトおいしかったです。他の野菜(エゴマ)も食べれてよかったです。(40代 女性、所沢市)


もりだくさんな内容に大感謝!(50代 女性、熊谷市)